住宅のデザインにはどんな種類がある?決め方とともにご紹介します!

「住宅のデザイン決めに手間取っている」
「デザインの種類を知っておきたい」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は住宅デザインの種類と決め方を紹介します。
ぜひ参考にしてください。

住宅デザインの種類とは?

①モダン

近年人気なシンプルなデザインがモダンスタイルです。
モノトーンカラーでまとめられることが多く、落ち着きがありスタイリッシュな印象を与えます。
デザインが特徴的であるため個性を出すのに向いています。

②和モダン

長く日本人に愛されてきたデザインです。
趣のある和風と近代的なデザインであるモダンの良い所をとったデザインになっています。
老若男女問わず人気で長く住んでも飽きないデザインです。

③アメリカン

欧米を感じられるデザインです。
レンガ造や木で作ったログハウスが代表的な幅広いデザインになっています。
輸入住宅の人気が高まっている今、人気が高まりつつあるデザインです。

④ナチュラル

文字通り自然の雰囲気を大切にしたデザインで、自然由来の素材を多く使うため、温かみのあるデザインに仕上がります。

⑤エレガント

高級感を追求したデザインです。
重厚感や上品さを家に求める方におすすめしたいデザインの1つです。

⑥邸宅風

窓ガラスや外壁の素材、色使いを工夫することで邸宅のような外観になります。
存在感あふれる家を建てたい方は邸宅風がおすすめです。

デザインの決め方は?

①外観の好みを優先する方法

理想の外観がある方は好みを優先するようにしましょう。
抽象的なイメージよりも具体的なイメージのほうが設計士に理想を伝わりやすくなります。

②実用性を優先する方法

長い間住み続ける場所であるため実用性は非常に大切になってきます。

しかし、実用性を重視してしまうとデザインの幅に制限が生じてしまいます。
デザインを取るのか、実用性を取るのか方向性を必ず決めておきましょう。

デザインの特徴を理解していなかったり、他の家と比べてしまったりするとデザインを決めた後、後悔が生じてしまいます。
自分の理想の外観は何かを追求して後悔のないデザインにしましょう

まとめ

住宅デザインの種類と決め方を紹介しました。
種類が多すぎて迷ってしまいますが最後まで後悔のないよう丁寧に決断しましょう。
また、この記事の他にも住宅のデザインについて知りたいことがあればお気軽に当社にご連絡ください。